« クラスづくりの提案(5) 学級通信のコンテンツ(2)常に掲載しておきたい学級目標 | トップページ | クラスづくりの提案(7) 学級通信のコンテンツ(4)結びには「保護者の皆様へ」のコーナーを設けましょう »

2008年11月13日 (木)

クラスづくりの提案(6) 学級通信のコンテンツ(3)どんな記事を載せればよいか

私はB4版の大きさで両面印刷の学級通信を作成しています。ワードで作成していますが、用紙設定はB5(B4両面印刷の分量ですので、B5で4枚分 の記事を書いています。)余白設定は上下20ミリ、左右20ミリにしています。ワードの初期設定の状態では、文書として出すには適度の余白ですが、学級通 信となりますと、余白が大き過ぎるような感じがしましたので、このような設定にカスタマイズしています。

それでは、内容について私の意見(提案)を書かせていただきます。まず、学級通信は子どもたちに日々の学校生活や学習状況を振り返ってもらい、明日 以降の学校生活に役立ててらうという役目があります。同時に、保護者にクラスの様子を報告する働きがあります。このことをお忘れなく。ですから、子どもた ちと担任だけが分る内容ばかりですと、保護者が蚊帳の外になってしまいます。だれが読んでも分りやすい内容にするため、表現方法にすることが大切なので す。ウチワで使ってい呼び方や略語は極力使わない方がよいと思います。

私の場合、担任のメッセージやコメントをトップストーリーの枠に掲載するようにしています。前にも書きましたが、始業式や入学式時のホームルームに の際、ここに掲載したコメントやメッセージを補足しながら読んでいくのもよいと思います。話がカチッとしたものになりますし、伝えたいことが漏れるという 心配もありません。

メッセージやコメントの内容ですが、始業式や入学式の際に発行される第1号には、この枠に担任の決意表明を書くとよいと思います。初めてのホームルームで話す内容をイメージしながら書いていくのです。

第2号以降は、その時々でのクラスの状況を客観的に分析し、どんなことが達成でき、どんなことが達成できなかったのか、生徒に振り返ってもらえるよ うに書いていくのはどうでしょうか。同時に、クラス内で起きたエピソードを、感情を込めて書いていくと生き生きとした文になりますし、文章全体にメリハリ が出てきます。

その他、行事が行われれば、その報告をしておきましょう。このコーナーは行事参加していない保護者にも理解してもらえるように、表現に工夫を凝らし てください。そして、行事を通して、どんなエピソードがあったのか、どんな成長が見られたのか、担任の感慨を記すようにしてください。行事を客観的に報告 するだけでは、つまらないと思います。

さらに、今後の予定や締め切りを伝えるコーナーを設けましょう。朝と帰りのホームルームは意外と伝達する内容が多いものです。その中でも特に重要と思われる内容については、学級通信の中にも掲載しておくと保護者にも正確に情報が伝わり、万全かと思います。

ところで、私は、年度によって(主に2年生の担任をもったとき)は、子どもたちにエッセイを書いてもらっています。ジャンルは何でもかまいません。 将来のこと、音楽のこと、ゲームのこと、スポーツのこと、時事的なこと・・・。ジャンルは非常に幅広いものになります。絵が好きな子は、学級通信に載せる ためだけに、絵を描いてきてくれたこともありました。エッセイを載せる年度は、これをトップストーリーの枠にもってきます。(担任のメッセージは次のコー ナー枠にスライドさせています。)

エッセイを掲載すると、学級通信がさらに生き生きしたものになりますので、是非、企画してみてください。エッセイを載せる効果としては、保護者がク ラスメイトのことを知る絶好の機会になることです。エッセイを載せたことがきっかけで、保護者会での保護者同士の会話が弾んだこともありました。

次に進路や学習に関する特集です。ただ、「頑張れ。頑張れ。」とエールを送っているだけでは説得力がありません。客観的なデータ分析が必要です。私 の場合、ベネッセコーポレーションが運営している教員向けサイト(ハイスクールオンライン)を活用しています。初めて担任を持ったときから、お世話になっ ているサイトです。

このサイトでは、データの分析方法をアドバイスしてもらえるだけでなく、クラス独自のデータを集約したものを学級通信の形で配布できるようフォー マットが用意されているのです。用意されたフォーマットの中に、クラスのデータ(平均)を入力すれば分りやすい表が完成します。他にもたくさんのアドバイ スやノウハウが掲載されています。

そして、忘れてはいけないのが「保護者の皆様へ」というコーナーです。これをラスト記事の枠に必ず掲載しています。これについては、、次回、提案させていただきます。

人気ブログランキングへ
いつも見てくださり、ありがとうございます。

« クラスづくりの提案(5) 学級通信のコンテンツ(2)常に掲載しておきたい学級目標 | トップページ | クラスづくりの提案(7) 学級通信のコンテンツ(4)結びには「保護者の皆様へ」のコーナーを設けましょう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« クラスづくりの提案(5) 学級通信のコンテンツ(2)常に掲載しておきたい学級目標 | トップページ | クラスづくりの提案(7) 学級通信のコンテンツ(4)結びには「保護者の皆様へ」のコーナーを設けましょう »