« クラスづくりの提案(10) インプレッション(印象)の大切さ | トップページ | おめでとう!教え子の放射線技師デビュー! »

2008年12月19日 (金)

ブラジル人の英語教師と過ごした1日!今日は忘れられない日になりました!

今日は忘れられない特別な日になりました。今日は国費外国人留学生が私の授業を見学しに来てくれました。彼はブラジル出身の方で、この秋に来日しました。それまではサンパウロで英語教師として活躍していました。

日本の英語教育とブラジルの英語教育を比較し、より良い英語教育を研究しているところです。約1年半、日本で研究をし、母国に帰る予定だそうです。帰国後は、英語教員のための指導者(ティーチングトレーナー)として活動するそうです。

これまでEメールでやりとりをしてきましたが、お会いするのは今日が初めてでした。大変気さくな方で、色々と話をさせてもらいました。お昼にはラン チミーティングを開催させていただきました。十数人の教員が集まり、40分間のひとときをすごしましたが、私と私がコンビを組ませてもらっている先生の二 人で、ときどき「逐次通訳」を入れながら、進行していきました。笑いありの大成功のミーティングでした。

その後、私の授業を見学しにきてくれました。その先生は日本語をほとんど話さないので、そのことにも配慮し、今回は全体の98%を英語で進行してい きました。ブラジルの先生の他にも先輩の先生方や同僚の先生方が多数来てくださり、スコアカードに評価やコメントを書いてくださりました。(スコアがほと んど満点でした!)

ほぼ英語だけで英語を指導するのを今回やってみて、生徒も自分も楽しくやることができました。終わってからブラジルの先生に「あなたの発音はかなり 素晴らしかったし、指示を出すタイミングや説明するタイミングが絶妙だった。英語で英語を指導するのは中々難しいものですが、時々、笑いを入れながらとて も工夫されていました。表現力もありますね。そして、このことは是非言いたいのです。あなたと生徒のみなさんの間の関係を一言で言うなら 「rapport」ということばがぴったりです。」

これには泣きそうになるくらい嬉しかったです。rapportとは、「信頼関係が築かれた上で結ばれたかたい絆がある状態」を示す形容詞です。最高のことばをもらいました。

ここまで準備をアシストしてくださったコンビを組ませてもらっている先生、今回のこのようなチャンスをくださった管理職の先生、そして、直属の上司の先生には感謝しています。

今回の私の授業は、彼の論文の中で紹介される予定です。

ところで、その後、行われたホームルームはブラジルの先生との交流会を行いました。生徒たちも英語で自己紹介をしたり、質問をしたりとても積極的で した。客観的に見てかなりコミュニケーション能力があると感じました。後半行われた彼のプレゼンテーションにおいても、生徒たちは、冒頭は私たちが逐次通 訳を入れたものの、途中は、難しい単語が出てきたとき以外は通訳なしで聞き、理解していました。リスニング能力がとても高いと感じました。

彼はパワーポイントでブラジル事情の表や写真を準備してくれていました。生徒たちは、リアクションをバンバン入れながら、彼の話に耳を傾けていました。

終わってから、「もっと英語を勉強したくなった」「今日は、本当に充実しました」など、目をキラキラさせながら、前向きな感想を言ってくれました。

今日は忘れられない1日になりそうです。

人気ブログランキングへ
いつも見てくださり、ありがとうございます。

« クラスづくりの提案(10) インプレッション(印象)の大切さ | トップページ | おめでとう!教え子の放射線技師デビュー! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« クラスづくりの提案(10) インプレッション(印象)の大切さ | トップページ | おめでとう!教え子の放射線技師デビュー! »