« 久々に教育論・学校論について真剣に語りました! | トップページ | 学校独自で行う教員研修の提案 »

2009年7月19日 (日)

教員の研修には積極的に参加したい

私は教員の研修に積極的に参加しようと意識しています。しかし、学校行事やら授業のやりくりやらを考慮すると、「参加したくてもできない」という状況がたびたび発生しています。しかし、そんな中でも極力、参加するように務めています。

教員は人と接することが基本であるので、一見、人との交流がさかんに行われる仕事と思われがちです。しかし、人の交流というのがとても限定的なのです。同じ学校の中の同僚や先輩たちとの交流、同じ学校の中での生徒との交流です。

私立高校ともなりますと、ほとんど人事異動による転出・転入がありませんから、「同じメンバーと何十年も」仕事をしなければならないのです。「マンネリ化」が起こるのも無理もないと思います。そして、気づかぬうちに、数十年前のやり方をそのまま実践し、時代に取り残されてしまう教師が生まれかねないのです。

これを防ぐためには、積極的に研修に参加することなのです。講演の中から大きなヒントを得ることはもちろん、出席している他の学校の先生方と意見交換もできます。当然、新しい取り組みや意外な取り組みをしている先生方とコミュニケーションを図ることができるのです。大きな刺激を受けること間違いなしなのです。

教員の研修。新人の方々にばかり進めるのではなく、中堅、ベテランの教員ほど、積極的に参加すべきだと思います。

人気ブログランキングへ
いつも見てくださり、ありがとうございます。

« 久々に教育論・学校論について真剣に語りました! | トップページ | 学校独自で行う教員研修の提案 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教員の研修には積極的に参加したい:

« 久々に教育論・学校論について真剣に語りました! | トップページ | 学校独自で行う教員研修の提案 »