« こどばが溢れた教室こそ「見える教室」 | トップページ | 英語の教員を目指す皆さんへ 英検準1級またはTOEIC730点以上の英語力をつけることが最低条件 »

2010年5月26日 (水)

教育実習をされる方へ 〈アドバイス〉 所属する学年主任への挨拶を忘れずに!

そろそろ、教育実習の季節です。これから教育実習を始められる方、既に始まった方、色々だと思います。私の学校でも教育実習が始まりました。私は今年、3年生の担任ということもあり、実習生を持っていません。同じ教科の先輩の先生が配慮してくださり、今年は持たないようにしてもらったのです。

そうです。実習をスタートさせるにあたり、所属する学年の学年主任の先生への挨拶を忘れずに。教科でかかわる先生、クラスでかかわる先生には挨拶ができて当たり前ですが、所属する学年の先生方、特に、学年主任への挨拶というのは欠かさず行うべきだと思います。

毎日行われる朝の打ち合わせで必ず顔を合わせるはずですし、学年主任の先生からは1日を始めるに辺り、話があるはずです。

学年主任の先生への挨拶ができない方が多いように思います。このようなことは、社会人として当たり前のことでありますが、最近の実習生の方はその当たり前のことができていないように思います。

「自分のことで精一杯」という状況で実習に臨んでいるように思います。これは行けません。本物の教師として赴任した時と同じように挨拶するべき方にはきちんと挨拶をするという前提を忘れないで欲しいと思うのです。

学生という立場で臨むのではなく、教師という一社会人として実習に臨んで欲しいのです。このブログをご覧の皆様、是非、社会人として最も大切なビジネスマナーを忘れないで欲しいと思います。今年の、教育実習生の様子を見て、強く思っています。

人気ブログランキングへ
いつも見てくださり、ありがとうございます。バナーをワンクリックお願いします。

« こどばが溢れた教室こそ「見える教室」 | トップページ | 英語の教員を目指す皆さんへ 英検準1級またはTOEIC730点以上の英語力をつけることが最低条件 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« こどばが溢れた教室こそ「見える教室」 | トップページ | 英語の教員を目指す皆さんへ 英検準1級またはTOEIC730点以上の英語力をつけることが最低条件 »