« 〈メモ〉私が高校教師を目指した理由 | トップページ | 教育実習をされる方へ 〈アドバイス〉 所属する学年主任への挨拶を忘れずに! »

2010年5月24日 (月)

こどばが溢れた教室こそ「見える教室」

私は学校の見える化、学年の見える化、クラスの見える化をずっと主張している人間です。この主張はこれからも変わらないつもりです。

どんな学校なんだろう?どんな学年なんだろう?どんなクラスなんだろう?それがすぐに分かる、つまり、見える化されている環境こそ、教育の現場には必要だと思います。会社やスポーツの団体には、必ずと行ってよいほど、目標やスローガンが掲げられています。目標やスローガンを見て、団結して一つの方向に向かって進んでいくのです。

学校、学年、クラスもそうあるべきだと思います。だから、クラスの目標やスローガンなどが見える化されている必要があるのです。頻繁に目にすることで、気持ちが引き締まったり、自分たちが取り組んでいることを意識し直したりすることができるのです。

私が勤務している学校では、クラスの見える化が進んでいます。あるクラスには、「夢だったけど 夢じゃなかった」という文字が。これは、ジブリ好きの先生が気に入って掲げたことばのようです。一言で言いたいことが集約されていて素敵だと思いました。

今日、試験監督で行ったクラスには、このようなことばが…
「過去と他人は変えられないが 自分と未来は変えられる!! 自分が変われば 周りが変わる」これも素敵なことば。

さらに、こんなキーワードが書かれていました。信じ合い 信頼 やるき 元気 思いやり チームワーク あいさつ 服装

教室で生徒が毎日目にする位置に書かれていました。

という私のクラスのキャッチフレーズは
Rapport --調和・信頼・思いやりの上に成り立つ強い団結力のある関係ーー

学級目標は
①「社会に貢献しうる品位」のあるクラス(責任感・行動力)
②「自主・自尊のこころ」にあふれるクラス(誇りを持って自ら行動する力)
③「知的探求のこころ」にあふれるクラス(学ぶ楽しさ・面白さ)
④「ホスピタリティのこころ」にあふれるクラス(親切心・思いやりの心・社交性)
⑤「個性を尊重」できるクラス(相手の素晴らしさを認め合う態度)
⑥「メリハリ」のあるクラス(オン・オフの使い分け)
⑦夢を叶えることができるクラス(自己実現・目標達成)
です。

これから教師を目指す皆さん、あなたが担任になった時、どのようにしてクラスの見える化を図りますか?どんな目標を掲げますか?

人気ブログランキングへ
いつも見てくださり、ありがとうございます。バナーをワンクリックお願いします。

« 〈メモ〉私が高校教師を目指した理由 | トップページ | 教育実習をされる方へ 〈アドバイス〉 所属する学年主任への挨拶を忘れずに! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こどばが溢れた教室こそ「見える教室」:

« 〈メモ〉私が高校教師を目指した理由 | トップページ | 教育実習をされる方へ 〈アドバイス〉 所属する学年主任への挨拶を忘れずに! »