« 英語の教員を目指す皆さんへ 英検準1級またはTOEIC730点以上の英語力をつけることが最低条件 | トップページ | クラスTシャツ、すごくいい! »

2010年6月 9日 (水)

教育実習に行ったらなるべく多くの授業を見学すること、生徒とたくさん触れ合うことが大切

教育実習へ行ったら、なるべく多くの先生の授業を見学させてもらいましょう。それからなるべく多くの生徒と触れ合うことが大切です。

最近の教育実習生の様子を見ていますと、空き時間に自分がする授業の準備ばかりに専念している方が多いように思います。分かりやすい授業、ためになる授業を行うことは教育実習生にとって最低限のことだと思いますが、はっきり申し上げますと、授業の準備は、極力、教育実習が始まる前に完了させておくべきだと思います。

教育実習が始まる前に事前の打ち合わせがあると思うのです。そのときに、使用する教材を受け取り、どの辺りを自分が授業で担当するのか教わり、教育実習が始まる前に、ほとんど完了させておき、実習中は指導教官のアドバイスを参考に、事前に準備しておいたものをアレンジするようにするべきだと思います。

空き時間に授業の準備ばかりに専念している方が多いように思います。教育実習というのは現場で実践的に学ぶ機会になります。ですから、普段、大学ではできないことを体感する機会なのです。だからこそ、大学ではできない、実際の授業の見学や生徒との触れ合いの時間にも最大限時間を割くべきだと考えます。

そのことを心に刻み、有意義な教育実習を行うことをお勧めいたします。

人気ブログランキングへ
いつも見てくださり、ありがとうございます。バナーをワンクリックお願いします。

« 英語の教員を目指す皆さんへ 英検準1級またはTOEIC730点以上の英語力をつけることが最低条件 | トップページ | クラスTシャツ、すごくいい! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 英語の教員を目指す皆さんへ 英検準1級またはTOEIC730点以上の英語力をつけることが最低条件 | トップページ | クラスTシャツ、すごくいい! »