« 教育実習をされる方へ 〈アドバイス〉 所属する学年主任への挨拶を忘れずに! | トップページ | 教育実習に行ったらなるべく多くの授業を見学すること、生徒とたくさん触れ合うことが大切 »

2010年6月 9日 (水)

英語の教員を目指す皆さんへ 英検準1級またはTOEIC730点以上の英語力をつけることが最低条件

英語の教員を目指す皆さんは何と言っても英語力をつけ、それを維持しつつ、更に向上させていく必要があると思います。

では、どのくらいの英語力が英語教師として最低必要なのかと言いますと、良く言われているのが、次のレベルになります。

英検で言いますと、準1級以上の力。
TOEICで言いますと、730点以上の力。

英検は年間で3回受験することができます。英検の学習をする中で英語力を高めることもおすすめですが、私はどちらかと言いますと、TOEICの方で力をつけていく派です。

TOEICは年間、数回受けることができます。受験のチャンスは英検よりもたくさんありますので、こちらから始めて行くと良いと思います。

そこで、TOEICの学習方法についてご紹介したいと思います。

私が愛用しているTOEICの勉強本を2冊ご紹介します。

まず、語彙力を付けるために愛用している本をご紹介します。それは、こちらになります。
この本にはCDが付いていますので、それをiPodに入れて常に持ち歩いています。時間があるときに繰り返し、聞くようにしています。もちろん、本自体にも目を通しています。CDを聞きながら学習することで更に力がつくと思います。継続していかないと、語彙力が落ちてしまいますので、語彙力をキープしたい方にもこの本はおすすめです。


それから、こちらの本です。初めて、TOEICにチャレンジする方は、まずは、この1冊をじっくりと解いてみることをお勧めします。時間は気にせずにじっくりと解いて、TOEICの問題になれつつ、解説をチェックして新しい知識を蓄えてみてください。それが終わったら、Vol.3以下の問題を時間を計って取り組んでみると良いと思います。

人気ブログランキングへ
いつも見てくださり、ありがとうございます。バナーをワンクリックお願いします。

« 教育実習をされる方へ 〈アドバイス〉 所属する学年主任への挨拶を忘れずに! | トップページ | 教育実習に行ったらなるべく多くの授業を見学すること、生徒とたくさん触れ合うことが大切 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 教育実習をされる方へ 〈アドバイス〉 所属する学年主任への挨拶を忘れずに! | トップページ | 教育実習に行ったらなるべく多くの授業を見学すること、生徒とたくさん触れ合うことが大切 »