2011年1月23日 (日)

英語を教える私に示唆を与えてくださったインタビュー

土曜日のInternational Herald Tribuneを読んでいたら朝日新聞の英語版に大変ためになるインタビューが載っていました。立教大学の鳥飼玖美子先生のインタビューでした。

タイトルが「Japan needs new paradigim of English education」。日本語に訳すと「日本は英語教育の新たなパラダイム(方法論・対応策)が必要だ」になるだろうか。

記事の全文は、朝日新聞のホームページに出ていたので、リンクを貼らせていただきます。
http://www.asahi.com/english/TKY201101210361.html

「英語が国際的な共通語となっている今、私たち英語の教員に求められているのは、英語を学ぶ子どもたちを、アメリカ人やイギリス人の英語力に近づけ るのではなく、世界中の人々とコミュニケーションを円滑に行えるようにする力を身につけられるようにすることである。インタビューを読んで、私はこのよう な考えになりました。

英語のネイティブスピーカーのように、lとrのサウンドをきちんと使い分けられるようにすることではない。それよりも、国際的な共通語としての英語 を身につけられるようにすることであると感じました。そのためには、必要最低限となる文法事項はマスターし、その上で、円滑なコミュニケーションを図るた めのコミュニケーション能力をつけていくことであると感じました。

とくに感銘を受けた部分は次のところです。本文から抜粋させていただきました。

Come to think of it, many conversations in English take place between non-native speakers of English who are not proficient in the language. A typical conversation may begin like this: "I'm sorry I don't speak your language. I wish I could." "It's for me to apologize for not speaking your language. But we can at least try to understand each other in English, can't we?"

Japanese can speak English like typical Japanese, and Chinese can speak their version of English, and they can still communicate with each other so long as both parties stick to the basics or "core" of what is English as a universal language.

私なりに訳してみると…

考えてみますと、英語での多くの会話というのは熟練していないノンネイティブとノンネイティブの間で行われています。典型的な会話はこんな感じで始 まるかもしれません。「すみません。私はあなたの国の言葉を話せません。話せれば良いのですが。」「それは相手の国のことばが話せないことに対するお詫び なのです。しかし、私たちは少なくとも英語でお互いを理解しようとすることが可能ではないでしょうか。」

日本人は典型的な日本人の英語で英語を話すことができますし、反対に中国人も典型的な中国人の英語で英語を話すことができるのです。そして両者は、世界共通語としての英語の基礎的な部分つまり「コア」の部分を柱にしておけば、コミュニケーションを図ることができるのです。

ちょっと、訳がおかしいかもしれませんが…。

私自身、ネイティブの英語に近づきたいと思い悪戦苦闘し、しかし、近づけることができない現状にぶつかっていました。生徒の前でネイティブに近い英語を披露できることが英語教師の究極の目標だと思っていました。

しかし、この記事を読んで、そうではないと考えるようになりました。これからは、変なコンプレックスを持たずに、多少、おかしな発音や表現になってしまっても、コミュニケーションができるところを見せていこうと考えました。

大変、参考になる記事でしたし、刺激的な記事でした。

人気ブログランキングへ
いつも見てくださり、ありがとうございます。バナーをワンクリックお願いします。

2010年10月 5日 (火)

学習指導要領改訂の背景

平成25年度から新学習指導要領の基で教育活動が行われます。その背景、とりわけ英語教育の強化の背景についてまとめてみたいと思います。私見の部分もありますので、ご了承ください。

この数年の内に、社会状況は大きく変化しました。これまでは、特に、ビジネスの分野においては大量生産が重視されてきました。いかに効率よく生産で きるか、企業は様々な試行錯誤を重ね努力してきたのです。そのため、機械化やオートメーション化の実現が大きな目標とされてきたように思われます。

ところが、ITがますます広がるにつれ、世の中は「知識基盤社会」の構築が求められるようになってきました。ポスト産業主義社会、高度知識社会、生涯学習社会といったものがキーワートとして浮上するようになりました。

教育の分野においても欧米型の教育から、フィンランドの教育に代表されるような「北欧型」へスイッチしつつあります。暗記型の教育、受験型の教育か ら、思考力、判断力を強化し、知識を活用する能力を向上させることに重きが置かれるようになりつつあります。また、自分の考えを分かりやすく表現する力や コミュニケーション力も求められています。

新学習指導要領もこれからの点を念頭に置き、作られたようです。英語では、言語活動の充実に重きが置かれているように思われます。英語を用いて、様 々な国の人々と活発にコミュニケーションをとり、グローバル化された世の中を生き抜いていけるような教育が求められつつあるのです。

英語教育においては、新学習指導要領に定める語彙数が大きく増加することになります。現行では、中学校で900語、高校では1,300語を習得する と定められていますが、新学習指導要領では、中学校で1,200語、高校で1,800語を習得すると定められています。だだし、中国や韓国の英語教育に比 べれば、これでも、「緩やか」と言わざるを得ないところがあるのが実情です。中国や韓国では、これ以上の教育が施されているのです。

もちろん、グローバル化への危機感、つまり、ナショナル・アイデンティティの喪失に対する懸念もありますので、こうした点もケアしていかなければならいません。すなわち、伝統や文化に関する教育の充実、道徳教育の充実も、同時に、求められているのです。

学習指導要領の改訂の背景、他にもありますが、私が関心を寄せている主なポイントは以上のような点になります。

2010年10月 3日 (日)

つなげる力(書評)

藤原和博著
文藝春秋(2008年9月発行)

かつて杉並区立和田中学校の校長先生を務められた藤原和博氏の著書。この本を読んでやっとシステムや理念を理解し、共感することができたのですが、マスコミの報道的には、公立中学校が大手学習塾と提携して夜間の学習を行ったことで話題になりました。「夜スペ」ということばが新聞やテレビを駆け巡りました。記憶に新しい話題ですよね。

この本には、「夜スペ」のコンセプトやこれを立ち上げた背景などが書かれており、これを読めば納得できるものでした。簡単には説明できる企画ではなかったのだと思いました。マスコミはインパクトを与える報道をする傾向にありますから、出来事を端的に伝えようとしてしまう傾向にあります。すると、「誤解」を招いてしまう場合があるということ。

企業だけでなく、学校にも、「イノベーション」が必要な時代がやってきたなと思いました。既成概念だけにとらわれていると時代に乗り遅れてしまうというのを実感しました。新基軸を開拓していかなければならないと私自身感じました。

そのほか興味深かったのは「第3章 正解のない問題に取り組む」です。
以前、ブログ「教職を目指す皆さんへ」にも書きましたが、ここでは、TIMM型教育とPISA型教育の議論がされていました。TIMM型の教育から、PISA型の教育への大転換が求められているということを認識させられる章でした。

著書の中にもこのような形で説明がありました。

※従来型の学力
・読み書きソロバンの早さと正確さを基礎にした学力(多くの読者が主要教科の「学力」というときにイメージするもの
・正解を導くチカラ
・記憶力に依存して正解をどれだけ多く知っているかで勝負がつく
・情報処理力

※PISA型学力(未来型の学力)
・PISA(フィンランドが世界一)で問われる読解力や数学的なリテラシー
・世の中との関係でどれだけ試行錯誤したか、問題解決したか、思考技術を身につけているかで勝負がつく
・情報編集力

私は、完全に「従来型」での教育を受けてきました。その人間がPISA型の教育を施さなければならないのです。難しい使命であると感じています。私自身の意識を大きく転換しなければならないのです。



人気ブログランキングへ
いつも見てくださり、ありがとうございます。バナーをワンクリックお願いします。

〈アイディア〉「文化・風習科」の必要性

中学校と高校に「文化・風習科」という科目を設けてみてもよいのかな…。というアイディアがひらめいてしまいました。

何が常識で何が非常識なのか、何か正しくて何が間違っているのか…という議論が起こることを承知した上でなんですが…

これまで重んじてきた日本の文化や伝統を学んだり、それに根ざした風習を学んだりするべきなのではないかと感じています。

外国人の方とやりとりをする際、必ずと言って良いほど日本文化、伝統、風習の話題になります。
「御神輿って何?」「どうして畳があるんですか?」「どうしてうなづくの?」とか…。
挙げればきりがないのですが…。

いくら英語ができても、日本のことをよく知らなければ答えられないのです。グローバルな人間になるためには、これらのことをきちんと説明できるようにしておくことが大切なのだと思います。

それから、こういうことも教えた方が良いのかもしれません。
「結婚式でお祝いを包む際、ピン札にする」「奥が上座」「名刺交換の際、相手の名刺を名刺入れの上に置く」など。
こちらもほかにもたくさん例は挙げられます。

意外とこういうのを知らない人が多いんです。もちろん、何が常識、非常識という議論はあるのですが…。

新たに「文化、風習科」という科目があった方が、社会人になってから役に立つように思います。

人気ブログランキングへ
いつも見てくださり、ありがとうございます。バナーをワンクリックお願いします。

2010年8月12日 (木)

教員免許更新講習会を受けて (思ったこと・考えたこと)

8月は教員免許状更新講習会をたくさん受けています。合計30時間の講習を受けなければなりません。1日6時間、それを5日間やるのです。1日の終わりには試験を受けます。基本的に30分という制限時間があり、ほとんどが論述式の試験になっています。

34歳、44歳、54歳の人が対象になっています。3つの年代の方々が同じ空間におり、一緒に講義を受けたり、ディズカッションをしたり、役を決めてシェークスピアのワンシーンを演じたりと、様々な内容になっています。

休み時間に他の先生方(知らない先生方)が話しているのが耳に入ってくるのですが、よく聞こえてくるのが、「こんな忙しい時期にいい加減にしてくれよ」とか「訳が分からない」とか「どうせ、数年でこの制度自体が廃止になってしまうんだろう」みたいな愚痴的なものでした。

でも、私はちょっと違うんです。受ける前は「忙しいのに…」という思いがあったのですが、実際、受けてみると、結構、興味深いのです。同僚の先生も同じことを言っていました。面白い。

教員として現場を体験された方の講義、現場を体験されたことがなく、研究者として教育問題に取り組んで来られた方の講義、それぞれ、面白かったで す。教員としてのキャリアがある方の場合、ご本人の経験から生み出された教訓が多く含まれていました。一方、教員としてのキャリアがない方の場合、一見、 現実離れしているように思われますが、とても客観的に、冷静に分析されており、これもまた現場で悪戦苦闘している私たちに多くの示唆を与えてくれました。

具現化された講義と抽象化された講義、どちらもとても興味深く、勉強になりました。教育問題を解決していくにあたっては、現場の声とともに客観的視点での分析も必要だと思いますので、双方の講義を受けられたことはとても良かったと思っています。

教員免許状更新講習会、あと1回あるのですが、ここまで受けてみて、私自身の将来について深く考えることができました。(今も考え中ですが…)

このまま、教師を続けていくとしたら、教育問題に対してどのようなアプローチができるのか。

いつか大学院に行き、最終的には研究者になって、教育問題の解決に尽力してみたいという気持ちも生まれているのも事実です。

10年間、高校の教師として仕事をしてきました。良かったこと、悪かったこと、様々です。その前には大手の進学塾で講師をしていました。これらの経験が、大学院に進学した時に活きるような気もしています。

私は、教育のバリアフリー化やユニバーサルデザイン化をテーマに考えていきたいと思っています。人には、様々な心身のコンディションがあります。 「障がい」を持っている方もいます。また、経済的なコンディションも異なります。これらのコンディションが教育を受けにくくしてしまってはならないと考え ています。

それから、学校と地域の関係を再構築できるような取り組みをしてきたいとも思っています。かつては地域と共に学校はありました。地域が学校を育てる 土壌もありましたし、学校が地域に対して様々なアイディアを提供してもいました。しかし、今では、その関係が希薄になっているように思います。

「地域=学校」でないと、地域が子どもたちを育てられないと思うのです。新しいものを取り入れつつ、かつてのような地域と学校の関係を取り戻せないかと考えています。

自分の内に秘めていた思いをこうして言葉に出すことができるようになったのも、今回の教員免許状更新講習会を受けたらからだと思っています。

今回の講習は、私自身をインスパイヤーしてくれるものとなっています。

人気ブログランキングへ
いつも見てくださり、ありがとうございます。バナーをワンクリックお願いします。

2010年7月 4日 (日)

今年の夏は大忙し

現段階での今年の夏の予定です。今年の夏は大忙しです。今年は3年生の担任ということもあり、進路指導や学習指導に一層力を注いでいかなければなりません。三者面談や個別指導を繰り返しながら、夏の課外学習の指導もします。

そして、今年度は教員免許更新の対象年齢なのです。最寄りの大学で教員免許更新の講座を受講し、テストを受けます。さらに、都内の学校での研修もあります。

講座の受講をする日程と、夏期の勉強合宿の日程が重なりましたので、朝から大学で講座を受けて、テストを受けて、夜には合宿に合流し、英語の授業を します。そのまま泊まり、翌日は1日、ほとんどぶっ続けで英語の授業をします。(3年生と2年生対象の授業です。)そして、その次の日は、都内の学校に研 修にいかなければなりません。

休みが取れるのは、学校が閉鎖期間に入る時期。

人気ブログランキングへ
いつも見てくださり、ありがとうございます。バナーをワンクリックお願いします。

学校閉鎖期間が終わると、再び、個別の進路指導、そして課外授業です。さらに、今度は、新教育課程を見据えた研修会に参加しなければなりません。こ の研修会は教員の免許講習とは別で、学校の教科の代表として参加する研修会です。すでにレポートも課されており、レポートの作成もしなければなりません。

ということで、今年の夏は、大忙しの夏になりそうです。

2010年6月 9日 (水)

英語の教員を目指す皆さんへ 英検準1級またはTOEIC730点以上の英語力をつけることが最低条件

英語の教員を目指す皆さんは何と言っても英語力をつけ、それを維持しつつ、更に向上させていく必要があると思います。

では、どのくらいの英語力が英語教師として最低必要なのかと言いますと、良く言われているのが、次のレベルになります。

英検で言いますと、準1級以上の力。
TOEICで言いますと、730点以上の力。

英検は年間で3回受験することができます。英検の学習をする中で英語力を高めることもおすすめですが、私はどちらかと言いますと、TOEICの方で力をつけていく派です。

TOEICは年間、数回受けることができます。受験のチャンスは英検よりもたくさんありますので、こちらから始めて行くと良いと思います。

そこで、TOEICの学習方法についてご紹介したいと思います。

私が愛用しているTOEICの勉強本を2冊ご紹介します。

まず、語彙力を付けるために愛用している本をご紹介します。それは、こちらになります。
この本にはCDが付いていますので、それをiPodに入れて常に持ち歩いています。時間があるときに繰り返し、聞くようにしています。もちろん、本自体にも目を通しています。CDを聞きながら学習することで更に力がつくと思います。継続していかないと、語彙力が落ちてしまいますので、語彙力をキープしたい方にもこの本はおすすめです。


それから、こちらの本です。初めて、TOEICにチャレンジする方は、まずは、この1冊をじっくりと解いてみることをお勧めします。時間は気にせずにじっくりと解いて、TOEICの問題になれつつ、解説をチェックして新しい知識を蓄えてみてください。それが終わったら、Vol.3以下の問題を時間を計って取り組んでみると良いと思います。

人気ブログランキングへ
いつも見てくださり、ありがとうございます。バナーをワンクリックお願いします。

2010年5月24日 (月)

こどばが溢れた教室こそ「見える教室」

私は学校の見える化、学年の見える化、クラスの見える化をずっと主張している人間です。この主張はこれからも変わらないつもりです。

どんな学校なんだろう?どんな学年なんだろう?どんなクラスなんだろう?それがすぐに分かる、つまり、見える化されている環境こそ、教育の現場には必要だと思います。会社やスポーツの団体には、必ずと行ってよいほど、目標やスローガンが掲げられています。目標やスローガンを見て、団結して一つの方向に向かって進んでいくのです。

学校、学年、クラスもそうあるべきだと思います。だから、クラスの目標やスローガンなどが見える化されている必要があるのです。頻繁に目にすることで、気持ちが引き締まったり、自分たちが取り組んでいることを意識し直したりすることができるのです。

私が勤務している学校では、クラスの見える化が進んでいます。あるクラスには、「夢だったけど 夢じゃなかった」という文字が。これは、ジブリ好きの先生が気に入って掲げたことばのようです。一言で言いたいことが集約されていて素敵だと思いました。

今日、試験監督で行ったクラスには、このようなことばが…
「過去と他人は変えられないが 自分と未来は変えられる!! 自分が変われば 周りが変わる」これも素敵なことば。

さらに、こんなキーワードが書かれていました。信じ合い 信頼 やるき 元気 思いやり チームワーク あいさつ 服装

教室で生徒が毎日目にする位置に書かれていました。

という私のクラスのキャッチフレーズは
Rapport --調和・信頼・思いやりの上に成り立つ強い団結力のある関係ーー

学級目標は
①「社会に貢献しうる品位」のあるクラス(責任感・行動力)
②「自主・自尊のこころ」にあふれるクラス(誇りを持って自ら行動する力)
③「知的探求のこころ」にあふれるクラス(学ぶ楽しさ・面白さ)
④「ホスピタリティのこころ」にあふれるクラス(親切心・思いやりの心・社交性)
⑤「個性を尊重」できるクラス(相手の素晴らしさを認め合う態度)
⑥「メリハリ」のあるクラス(オン・オフの使い分け)
⑦夢を叶えることができるクラス(自己実現・目標達成)
です。

これから教師を目指す皆さん、あなたが担任になった時、どのようにしてクラスの見える化を図りますか?どんな目標を掲げますか?

人気ブログランキングへ
いつも見てくださり、ありがとうございます。バナーをワンクリックお願いします。

〈メモ〉私が高校教師を目指した理由

先日、入職したばかりの新人の先生と話す機会がありました。その時に、「なぜ私が高校教師を目指したのか」について話ました。

世の中には色々な「学校」が存在しています。その中で、なぜ、私が高校教師を目指したのか、それは、「先生のアンカーになりたかったから」なのです。

一人の人の人生において、初めに先生に出会うのは保育所か幼稚園だと思います。教室、クラスがあってそこに担任の先生がいる。成長にともなって、小学校、中学校、高校と進んでいきます。一人の人の人生の中で、出会った担任の先生も増えていきます。

高校の先にも学校はあります。専門学校や大学です。しかし、これらの学校は、ちょっと違います。半ば社会人になった方々が通うところなのです。ですから、クラスアドバイザーがいるところもありますが、高校までのような担任と生徒の密な関係ではなくなるはずです。おそらく遅刻をしても、課題の提出ができなくても、それほど、しかられるということは亡くなるはずです。しかられる以前に、オミットされてしまうのが実情だと思います。

でも、高校は違います。しかりますが、同時に救います。社会に出てから困らないように、多少厳しくなりますが、アドバイスをするのです。

社会にでるまで最終的な「しつけ」ができる場、それが高校なのだとお思います。高校の教師は、いわゆる「学校」で教えるアンカーなのです。だから、私は高校の先生になりたかったのです。その人が人生の中でである最後の担任になりたかったのです。だから、高校にこだわったのです。

そんな話を入職したばかりの後輩に話をしました。

高校で教えている先生方には人それぞれ、高校の教師になった理由があるはずです。私の理由はこれです。

もう少し、詳しく書くこともできますが、この辺にしておきたいと思います。

もし、高校の教師を目指そうと考えている方が読んでいるならば、なぜ、高校の教師にこだわっているのか、じっくり考えてみて欲しいと思います。

人気ブログランキングへ
いつも見てくださり、ありがとうございます。バナーをワンクリックお願いします。

2010年4月15日 (木)

「悩め苦しめ」「苦労は買ってでもしろ」

新年度が始まったばかりなのですが、クラスで個人面談を開始しました。基本的に1人あたり15分程度、話をしています。今回のテーマは受験パターンをどうするかです。

もちろん、受験はまだまだ先の話ですので、「現段階」での考えを聞いて、私なりの方策を考えようとする狙いで面談をしています。

面談をしてみて思ったことなのですが、みんな、将来に対して、不安や悩みがあるということです。私は、少しでもそれらを解消し、すこしでも自信をもって入試に臨んでもらえるようにしていきたいと考えています。同時に、「いきあたりばったり」の進路選択にならないよう、生徒が少しでも「納得」した形で将来の道を切り開いてもらえるようアドバイスしていきたいと考えています。

先日、1年生の学年集会に参加させてもらいました。学年主任の先生が話していたことが強く印象に残りました。

生徒たちに何度も、こういっていたのです。

「悩め苦しめ」「苦労は買ってでもしろ」と。

たしかにそうなのかもしれません。だから、面談の際、子どもたちが悩んでいるのを見ると、矛盾しているように思われるかもしれませんが、「今はそれでいい」という気持ちを抱いています。

「悩め苦しめ」「苦労は買ってでもしろ」です。

人気ブログランキングへ
いつも見てくださり、ありがとうございます。バナーをワンクリックお願いします。

より以前の記事一覧