2011年3月 8日 (火)

卒業式後のホームルームで語ったこと

卒業式のホームルームでは学級通信に書いたメッセージを読ませていただきました。

保護者の皆様へ 

 本日は保護者の皆様にとりましても、卒業式ですね。お子様のこと、まだまだ心配が絶えないかとは思いますが、高校を卒業するこれからは、半ば「社会人」となり、いよいよ皆様のもとから精神的に巣立っていくことと思います。
小学校・中学校・高校という枠組みの中での「学校生活」を卒業し、自分で学びの分野を選択し、自主的に勉学を究め、責任ある行動が求められるようになります。そのような意味から、皆様におかれましても、本日は、「卒業式」になるかと思うのです。
立 派に成長し、高校卒業の時を迎えたお子様の立派な姿をご覧になり、いかが思われますか?覚えていますか?この子たちを授かったことが分かったあの日の喜び を。覚えていますか?初めて抱いたこの子たちの温もりを。覚えていますか?夜泣きがひどくて、なかなか眠らなかったあの夜のことを。覚えていますか?高熱 を出し、心配しながら病院に連れて行ったあの日のことを。覚えていますか?予防接種を受けるのを恐がり泣いていたあの日のことを。覚えていますか?歯茎か ら永久歯が顔を出したのに気づいたあの朝のことを。覚えていますか?初めて背負ったランドセルが大きく感じ、「大丈夫なのか?」と気がかりになったあの日 のことを。
私にはこの春、幼稚園を卒園し、小学校に入学する娘がいます。娘と共に歩んできた6年半の日々。その中には、実に様々なシーンがありま す。中でも、この3年間で味わったシーン、そのたびごとに、「1組のみんなと保護者の皆様の間にもこのようなシーンがあったんだろうな。そのとき、保護者 の皆様は、どんな思いになったのだろう」と思いを巡らしてきたものです。
振り返ってみますと、皆様それぞれに、忘れられないシーンや感慨があるこ とと思います。18年間もの長い年月の中での子育て、本当にお疲れ様でした。私は皆様のことを、6歳になる娘の父親として、心から尊敬します。この教室に いる誰もが思いやりのある子たちです。周囲の人々の気持ちを考えて行動できる子たちです。しっかりとした意志があり、地道に努力できる子たちです。おごり 高ぶることなく、謙虚に自分の力や資質を理解し、行動できる子たちです。
過大評価だと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。無理もありませ ん。子どもたちはまだ、親への「甘え」や「照れ」のようなものがある成長過程にありますから、特に、親に対しては「子どものまま」の振る舞いをしているか もしれません。我が儘なことを言ったり、ろくに返事をしなかったりという場合もあるかと思います。それは、親である皆様にだけしかできない「甘え」なのだ と思います。
お子様は立派に成長してきました。担任である私の前ではもちろん、学校生活全体において、きちんとした社会的な振る舞いができる子た ちです。自信をもって社会に送り出すことができる子たちです。私を気遣ってくれもします。「いつも、ありがとうございます」「忙しいところ、すみません」 「今、お時間、大丈夫ですか」。ちゃんと相手の立場に立って行動できます。これらは、18年間かけて注がれた皆様の「愛情」に裏打ちされたものであると確 信しています。
また、私との二者面談の中では、皆様に対する感謝の気持ちを示してくる子も実に多かったのです。このことも覚えておいていただきた いと思います。「親に迷惑をかけたくない」「親も心配してくれている」「親が○○だと言ってくれたんです」など。そのような場面に出くわすたびに、「私も 皆様のような親になりたい」という思いを強くました。
私は、もしかすると、相当幸せな存在なのかもしれません。「愛情」に裏打ちされたこの子たち のきちんとした行動を一番先に、しかも、一番近くで見られたのですから。皆様がそれを実感できるのは、この子たちの親に対する「甘え」や「照れ」が完全に 消える頃でしょうから、もう少し時間がかかるかもしれません。
さて、担任として、一生懸命に取り組んで参りましたが、至らないところがたくさん あったはずです。どうぞ、おゆるしください。そのような中でも、本校の教育活動に対しまして、ご理解とご協力を賜り、ありがとうございました。そして、こ んなにも素敵な子たちに巡り合わせてくださり、本当にありがとうございました。

私の大切な教え子たちへ 

 2011年3月1日。今日は卒業の日ですね。この教室で、みんなの前で話をするの、これが最後になりますね。学校があって教室がある。教室には生 徒のみんながいて、担任の私がいる。生徒のみんなは、毎朝、教室のドアを開け入ってくる私の表情を確認する。そして今日1日がどんな1日になるのか予想す る。そして、同じ空間、同じ時間を共有する。何でもない毎日、当たり前に過ごしてきた毎日が、今では手の届かないところに遠のいてしまった宝物のように感 じます。今、こうして同じ空間と時間を共有していますが、これが最後なんですよね。そう考えただけで、胸の中がぎゅっと締めつけられそうです。これが最後 の話になるのだから、私は真剣に語りたいと思います。どうか、心に刻んでください。
 リアクションが多く、個性豊かでとても明るいクラス。話を真 剣に聞いてくれて、受け止めてくれる。たくさんのリアクションの中で、みんなを笑わせながら、されど、真剣勝負で授業ができたこと、とても嬉しく思ってい ます。そして、みんなの青春時代の貴重な3年間を傍らで応援させていただけたこと、感謝しています。
 「みんなが、私と出会えたことは本当に良かったことなのか。私で良かったのか…」。
  3年間の日々の中で何度も自分に問いかけてきたフレーズです。私が新人の担任だった頃、学園祭が終わった後、クラスのみんなと馬鹿騒ぎをして、上司にこっ ぴどく怒られたことがありました。学校に焼きいも屋の車を呼んで、これまた怒られたことがありました。みんなと、新人時代の私が出会っていたら、どうなっ ていただろう。「出会ってみたかった」という思いがあります。
 同時に、私が50代後半になったときに出会ってもみたかったと思います。この頃に なれば、人生の中で様々なことを経験し、その教訓をたくさんみんなに語ることができたかもしれません。ことばにも深みが出ていたはずですし、すぐに熱くな らずに諭すようなアドバイスができたはずですから。
 しかし、それらは反実仮想の世界です。現実は、30代前半の私とみんなが運命的にこの学校で出会ったということ。半人前の私の姿やことばから、一つでも二つでも、何でも良いのでつかみ取ってくれたのなら幸いです。
 先日読んだ本にこんなことが書かれていました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小才は縁に出会って縁に気づかず、
中才は縁に気づいて縁を生かさず、
大才は袖すり会うた縁をも生かす   (柳生石舟齋)
  世の中には縁があるにもかかわらず縁を生かせない人、縁に気づかない人がたくさんいる一方で、わずかな縁を生かせる人もいる、という意味です。出会いは人 の人生を変えます。人の歓びで最もすばらしいのは、よい人とのご縁ではないか、私はそう思っています。よい縁はさらによい縁生み出します。よい縁をつくる ためには、和み、謙虚さと感謝の気持ちが大切です。縁を大事に思う気持ちが、縁となり、つながっていくのですから。
『空の上で本当にあった心温まる物語』より 
三枝枝里子 著 
あさ出版(2010年10月発行)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 人は人の影響を受けて成長していくものです。どうか、これからも人との関わり、人との出会いを大切にしていってください。これまで出会った人々との絆を大切にするとともに、これから出会う人々との絆も構築していってください。
ところで、人生は良いことばかりではありません。いやなこと、辛いこと、苦しいこと、それが全体の多くを占めているのではないでしょうか。いやなこと、辛いこと、苦しいことに出くわしたとき、何かに躓いたとき、どうか、空を眺めてみてください。
この空は繋がっています。
この学校で出会った友だちと繋がっています。
大切な人たちと繋がっています。
そして、私たちとも繋がっています。
空を眺めながら、この高校で過ごした日々、思い出してみてください。きっと、未来へのヒントが隠されているはずですから。同じ空の下で、それぞれ、頑張っていきましょう。
そ れから最後に宿題です。それは「親への感謝、家族への感謝の気持ちを忘れないこと」です。この年頃だから、親への反発があるかもしれません。親の意見を素 直に受け入れることができないこともあるでしょう。私もそうでした。恥ずかしながら、子どもが生まれ、成長を見ていく中で、やっと、「親はどれだけ子ども のことを心配しているか」が分かってきました。自分の力で生活できるようになってからで良いですから、たくさん親孝行、家族孝行してください。それが、 18年間育ててもらい、高校卒業の日を迎えられたことに対する恩返しになりますから。絶対、忘れないでください。
まだまだ、語りたいことがありますが、そろそろまとめます。
卒業、おめでとう!
人との出会い大切にし、豊かな人生を歩んでください!
辛くなったら空を眺めてください!空はみんなと繋がっていますから。
同じ空の下で、みんな懸命に生きているのですから。
私は、毎朝空を見て、「今日も1日、みんなが素敵な1日を過ごせますように」と願い続けていきます!
たくさん親孝行、家族孝行してください!
私のことも忘れないで!
私は、大好きなみんなこと、絶対忘れないから!
今まで本当にありがとう!
卒業おめでとう!
じゃあ、また会いましょう!
さようなら!
――2011年3月1日 卒業の朝に―― 

人気ブログランキングへ
いつも見てくださり、ありがとうございます。バナーをワンクリックお願いします。

2010年12月18日 (土)

〈メモ〉今日の学年集会で話したこと

今日は学年集会がありました。3年生の年内最後の学年集会。推薦入試やAO入試等ですでに進路が決定している生徒、これからセンター試験や一般受験に臨む生徒が一堂に会する中でスピーチしなくてはならず、全員の心に響くように自分なりに工夫したつもりです。

二人の卒業生の頑張りを例に挙げさせていただきました。

一人目は指定校推薦で大学に進学し、その後、大学院へ行き、来年の4月から某大手のIT企業(検索エンジンで有名なところです)への就職を内定した教え子の話。

二人目は一般受験で大学に進学し、大学院へ行くかどうか迷った末、就職を選び、来年の4月から某大手の自動車メーカー(自動車と言ったらまずこの会社の名前が出てきますね!)に就職を内定した教え子の話。

二人には共通点があることを話しました。就職を決めてもそれで有頂天になることなく、就職してからに思いを馳せ、努力を続けているところです。

そこから何がゴールなのか?という話に持って行きました。結論としては、人生のゴールなんてないんじゃないかということです。あるのはハードルなんだと思うという話。いくつものハードルが続いていくのが人生なのかな。という話をしました。

だから、大学や専門学校、就職が決まって、有頂天になっているっていうのは、大きな間違い、これからも努力していかないといけないという話をしました。

そして、これから一般受験に向かう生徒に向けては、どれだけ勉強すべきかという話をしました。勉強は時間じゃなくて、質だとよく言いますが、その話だとか なり漠然としてしまい、実感がわかないと思ったのです、時間じゃなくて、質だという前提のもと、あえて、時間でアドバイスしました。

国立型の生徒は、5教科6科目、5教科7科目の受験が待っています。1日1科目あたり2時間勉強したとして…

2時間×6科目=12時間
2時間×7科目=14時間

が必要。でも、人間だもの、そうは言っても10時間から12時間が限界だろうと言いました。

私立型の生徒は、1日1科目あたり3時間勉強したとして…

3時間×3科目=9時間

が必要。でも、人間だもの、そうはいっても8時間程度になってしまうだろうと言いました。

どの生徒もよく聞いてくれていました。
終わってから何人かの先生に誉められました。

「先生の話は組み立てが上手。分かりやすい。」
「みんな顔を上げて聞いていました。集中して話を聞かせるの上手です。」

嬉しかったです。でも、一番は生徒たちが本当に熱心に話を聞いてくれたことです。
今日のアドバイスを少しでも参考にして、残りわずかとなった高校生活、1日1日を大切にして欲しいと思いました。

思えば、2年9ヶ月前、思いもよらない人事が発表されました。学年の副主任に命じられました。それから、主任のお手伝いをしながら、ものすごいスピードで 駆け巡ってきたように思います。色々な方に助けていただき、支えていただきました。そして、主任とは様々な立場で一緒にお仕事をさせていただいて、6年目 になります。今年、主任は定年退職を迎えます。

あと3ヶ月、この学年の最終章が良い形になるように頑張っていきたいと思います。

2010年6月24日 (木)

クラスTシャツ、すごくいい!

120125047338f2439e5e342fad5eda55248 今年は高校3年生の担任をしています。昨日、クラスの生徒が作ってくれたクラスTシャツをもらいました。黒に傾向色の緑。緑が映えていてとても素敵なTシャツです。このまま外出だってできそうなデザインです。大切に使っていきたいと思います。

家で、そのTシャツを眺めながら、この子たちともあと数ヶ月でお別れなんだなというのを実感し、なんだか、寂しい気持ちになっています。今日は文化祭の準備をしました。子どもたちと週末に出すお店の準備をしたり、明日のステージ発表の準備をしたりしました。

一瞬一瞬を思いっきり楽しんできました。本当に楽しかったです。建設的に意見を出し合って進めていく子どもたちの姿を間近で見ることができる幸せ。幸せな分だけ、この子たちといずれは別れなければならなくなる寂しさを感じている今宵です。

私の存在も、この子たちの中では、「過去」のものになっていくのかなぁ。そんなことを考え、寂しい気持ちになっています。物理的な存在は「過去形」 になっても、メンタル的にはいつも「現在進行形」のままであり続けたいと願っています。最近の学級通信ではそんな願いを込めて、子どもたちに今しか伝えら れないことを書くようにしています。

これからも1日、1日を大切に、子どもたちのために一生懸命に取り組んでいきたいと思います。文化祭が終われば、今度は進路指導にますます力を入れていくつもりです。

人気ブログランキングへ
いつも見てくださり、ありがとうございます。バナーをワンクリックお願いします。

2010年3月21日 (日)

高校2年生最後の学年集会で話したこと ーー進路からの話としてーー〈メモ〉

■2月1日現在の大学生の就職内定率 80.0% 前年比6.3%減
○男子は80.1% 女子79.9%
○ これは、就職を希望した人数に占める就職決定者の割合を示している
○ つまり、①進学 ②留学 ③ニート ④フリーター ⑤公務員浪人の学生は含まれていない。就職を希望した人のうち、20%は就職が決まらない状態
○ 高校生では81.1%の就職内定率(1月末の状況)前年比81.1%減

■ 自分に付加価値を付けていくことが求められている
○ ナンバー1にならなくとも、オンリー1な若者=自分にプレミアムをつけることが大切(自分にしかできない、他の人に負けない何か)

■ビジネスの分野を例に挙げてみる↓

■ FREE フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略 (先日読んだ本から)
○ クリス・アンダーソン著 
○ フリーを利用したビジネスモデル
・ 携帯電話は無料、通話は有料
・ 通話は無料、携帯電話は有料
・ カラオケは有料、ドリンクは無料
・ ドリンクは有料、カラオケは無料
・ もうひとつ買うと、もうひとつは無料(スーパーマーケット)
・ 合計が1,500円以上の商品を購入した場合、国内の配送料が無料
・ 無料キャンペーン(3月31日)まで
・ Amazonプライム 年間3,900円の会費を支払うと、1,500円未満の購入でも送料無料、しかも、お急ぎ便は使い放題
・ 大人は有料、子どもは無料(博物館)
・ コンピューター同士の通は無料、コンピューターと電話の通話は有料(スカイプ)

■家のポストに入っていたチケット
○ マクドナルド特別クーポン券
 →プレミアムロースとコーヒーSが無料
 →ただ、商品を得るだけでは経営が難しい時代 1歩も2歩も先に進んだアイディアが必要(発想力、想像力、先見性が求められる時代)

■ まずは、そのベース作り(普段の学習、どの教科も大切に学び、1つでも2つでも将来の糧にしていく姿勢が求められている)
 →これが、今を知る力につながる 問題点を把握する力につながる
最終的には、豊な発想力、想像力、さらには先見性の身につけられるようになる。問題解決力につながる。

■ 高校最後の1年を迎える皆さんへ
○ まず、始めて見る。
なかなか始められない理由として…
 ① 失敗するのが怖い ②自信がない ③面倒くさい

○ 始める中で、やり方やペースを振り返る。そして、再び始める。
(これは学習の効率を高めるだけでなく、工夫を繰り返すことを通じて、将来必要になってくる発想力、想像力を高めるトレーニングにもなる。問題解決力につながる)

○ 同時並行的に
「自分を」知る 将来、何になりたいのか、高校を卒業してからどうしたいのかを追求していく
 →4月上旬に、「志望理由書」を一度書いてもらいます。
 →将来、自分のアイディアを論理的に分かりやすく説得力のある表現で周囲に伝え、納得してもらうトレーニングにもなる。

○ オープンキャンパスに行く パンフレットで大学を調べる ホームページを調べる
 →この作業を通じて、将来を考える

■ まとめとして
一生懸命に努力して、進む道ならば、その先も一生懸命に取り組める(たとえ、第一志望でなくても。)前に、歩んでいける。その中で、自分を高めていける。信念を持って生きていける。
 昨日来た、大学生の話 昨日電話で話した大学生の話

もうやめよう!自信がない 失敗するのが怖い 面倒くさい

そう考えていて、なかなか始められないでいても365日は過ぎていく
始めた後、試行錯誤を繰り返し、もがきながら、一生懸命に歩んでいっても365日は過ぎていく

この先、どうなるか分からない。しかし、1つだけ確かなことがある。それは、来年の今頃、あなたたちは、ここにはいないということ。

この学校でラスト1年、頑張っていこう。私たちは、不器用でも一生懸命に努力していく人が大好きです。そういう人を見ると、応援したくなります。だから、教師をしているんです。私たちと一緒に、頑張っていきましょう。そして、1年後、笑顔で卒業できるように。

人気ブログランキングへ
いつも見てくださり、ありがとうございます。